発達障害・アスペルガー・不登校・小中学生、高校生・大学中退・ニート・ひきこもりで悩む方々を支援する学園です。

通信制高校・通信制大学

  • HOME »
  • 通信制高校・通信制大学

通信制高校ゆずりは学園

通信制高校とは?

学校中退、不登校、現在の学校が合わない、社会人の高校卒業資習得など様々な方の選択肢となっているのが、通信制高校です。全日制・定時制と並ぶ高等学校で、「通信による教育を行う課程」の高等学校です。

卒業の必要条件は、

  1. 74単位以上の修得(必修科目を含む)
  2. 高校の在籍期間 36ヵ月以上(最短3年間で卒業が可能)
  3. 3年間で30単位時間以上の特別活動(1単位時間は50分)

 

通信制高校としての「ゆずりは学園」の特徴は?

「入試」

学力は重視しません。学園方針として面接を最重視します。

面接では、学園生活の過ごし方を中心に話し合います。

「自分のペースで学べる」

レポートは自宅で行うこともできます。

時間の都合が付きやすく、毎日登校する必要がありません。

「面接指導施設」

さくら国際高等学校・・・田原校

中京学院大学附属中京高等学校・・・田原校、豊川稲荷校

が面接指導施設として認定されています。

「面接指導施設」とはスクーリング(面接授業)や単位認定試験を行うことが本校(在籍校)から認められている施設のことです。

通信制高校では、レポートの他にスクーリング(面接授業)も単位認定には必須です。そのスクーリングは通常、本校(在籍校)で行わなければなりませんが、「面接指導施設」はその本校からスクーリング実施が認められた施設なのです。

つまり、本校に行かなくてもスクーリングや単位認定試験が実施できるので、交通費や時間の削減など、より効率的な学習が可能になります。

 

 

新入学(中学校卒業後)

中学校に在籍し、卒業後ゆずりは学園へ入学する方

 

  • 必要な書類

調査書(在籍校で取得)

課税証明書(市役所で取得)

願書一式(お持ちでない場合はご相談ください)

※詳しくはご相談ください。

 

 

編入学・転入学(他の高校からの編・転校)

転入学

現在まだ他の高校(在籍校)に在籍している状態で、、ゆずりは学園へ入学する方

一般的な「転校」のイメージと大きな違いはありません。

前籍高校で取得した「単位」が卒業に必要な単位数に加算することが可能です(科目によってはできない場合もあります)。

取得している単位数によっては、同級生と同じタイミングで高校を卒業することも可能です。

 

  • 必要な書類

在籍期間証明書(在籍校から取得)

成績・単位修得証明書(在籍校から取得)

転学紹介書(在籍校から取得)

課税証明書(市役所で取得)

願書一式(お持ちでない場合はご相談ください)

※詳しくはご相談ください。

 

 

 

編入学

既に他の高校(前籍校)を中途退学している状態で、ゆずりは学園へ入学する方

前籍高校で取得した「単位」が卒業に必要な単位数に加算することが可能です(科目によってはできない場合もあります)。

 

  • 必要な書類

在籍期間証明書(在籍校から取得)

成績・単位修得証明書(在籍校から取得)

課税証明書(市役所で取得)

願書一式(お持ちでない場合はご相談ください)

※詳しくはご相談ください。

 

社会人(高校資格を取りたい方)

仕事をしながら高校卒業資格を取得したい方

前籍校が中学であれば新入学、前籍校が高校であれば編入学をご確認下さい。

仕事を優先しながら学習することができます。

※詳しくはご相談ください。

 

通信制高校 学費

  入学金(入学時) 施設利用料・光熱費(年間) 授業料(月額)
入学年度 50,000円 20,000円 30,000円

※本校への納付金が別途必要となります。
※世帯の所得に応じて国の支援金があります。
※上記以外に修学旅行等、費用が別途必要なものがあります。詳しくはご相談ください。

さくら国際高等学校

さくら国際高等学校

学校法人上田煌桜学園さくら国際高等学校高等学部

(本校:長野県上田市) 

通信制高校

レポート、メディア視聴学習、集中スクーリング、単位認定試験など、高校卒業に必要な全てを田原校で実施。

中京高等学校

中京高等学校

中京大学附属中京高等学校高等学部

(本校:岐阜県瑞浪市) 

 

レポート、メディア視聴学習、集中スクーリング、単位認定試験など、高校卒業に必要な全てを田原校、豊川稲荷校で実施。

◎開校日

  • 【田原校】火・木・土曜日の9:00~15:00(さくら国際高等学校 面接指導施設)
  • 【豊川稲荷校】木・金・土曜日の9:00~15:00(中京高等学校 面接指導施設)
  • 【豊橋校】水曜日の9:00~15:00

 

ゆずりは学園からの主な進学先

  • 長野豊南短期大学、愛知学泉大学、愛知産業大学、豊橋創造短期大学、浜松大学(常葉)、豊橋創造大学、星槎大学(ゆずりは学園)、日本福祉大学、東海学院大学、中京学院大学、中京学院大学短大、愛知県立農業大学校、近畿大学、星城大学、京都造形技術大学、人間環境大学、サイバー大学
  • あいちビジネス専門学校、名鉄自動車専門学校、東海調理製菓専門学校、日本写真映像専門学校、中部美容専門学校、豊橋調理製菓専門学校、代々木アニメーション学院、東海工科自動車大学校、美容専門学校アーティス・ヘア・カレッジ、中部福祉専門学校、MOOビューティーアソシエーション、大原簿記情報医療専門学校、日産愛知自動車大学校、HAL

 

通信制大学

星槎大学

星槎大学(神奈川県横浜市)大学部

通信制大学で大学卒業単位を取得できます。 星槎大学で学ぶコースは共生科学部です。

パソコンスクール

■ワード・エクセル・パワーポイントの基本操作を学習することができます。

◎開校日/お問い合せください。

卒業生・保護者からの手紙

生徒編

男生徒私は小学校五年生から中学三年まで不登校で、高校進学の時、体力的にも、勉強の遅れを考えても不安しかありませんでした。正直、将来について何も考えていなくて、考えたくもない状況でした。両親が調べて教えてくれたこの学校も、高校卒業の資格を取るためで自分から進んで選んだ道ではなかったです。

ところが、いろいろな体験をさせてくれて知らない間に「ゆずりは」イベントにはまっていく自分がいました。一年の時の長野スクーリングのマレットゴルフはとても楽しく、景色が良く、根子岳登りは標高2207メートルを登り達成感と、とても清々しくなったのを覚えています。一番の思い出は、二年の時に田原でやったカヤック体験で海に落ちたことです。今まで、余り危険な事はしませんでした。この時から私の中にチャレンジ精神が芽生えました。(中略)

女生徒不安ばかり背負ってきたような私でしたが、不思議なことに、今の私は大学に合格して、趣味やアルバイトも充実しています。やはり、このいろいろな体験や色々な人たちとの出会いが、私を成長させてくれたんだと素直に思います。

女生徒将来「ゆずりは学園」での様々な出来事が、笑って話せる思い出になるように、そして何より、自分が辿って来た道に後悔しないように、全力で今を生きて行きます。私は「ゆずりは学園」は卒業してもずっとずっと忘れないで大切にしていきます。

女生徒とにかくありがとう。何回言っても足りない。本当ゆずりは学園は居心地がよかった。いろいろ人間関係では、バイト先でもちょっぴり辛い。でも今の仕事は中学からやりたくて、簡単にあきらめないよ。いつも悩んだ時ゆずりは学園が恋しくなる。海と山に囲まれていて悩みなんてスーって消えちゃう気がする。この学園には本当不思議なパワーがあると思うんだ。何事でも頑張れちゃうよ。この学園に来て学んだこと、それは「決めるのは自分」なんだって。

女生徒過去に、不登校になるなど学校という場所に良いイメージがなく、不安や心配が強かった私が、ゆずりは学園に通うことで、大切な友達や、楽しい思い出も増え、この学園に出会えたことを本当に良かったと思っています。

女生徒前の学校をやめてから、ゆずりは学園に来ました。最初は、しゃべれないこともありましたが、数学など苦手だったんですが、皆さんが教えて下さり、数学を理解することができました。
カヤック体験では、海に出るときに最初は怖かったけど、途中から楽しくなりました。二年間でしたが、楽しく、過ごす事が出来、楽しかったです。

保護者編

保護者春、私の子供の高校合格に悦んでいたのも束の間、蝉が鳴く頃には不登校になっていました。
それに加え家庭暴力も始まり、家族は憔悴しきっていました。そんな折、知り合いから、ゆずりは学園の話を聞き、藁にもすがる思いで駆けつけました。

初めて会うママさんが、私の子供が乗っている車の窓越しから声をかけてくださると、それまで決して人に心を開かなかった私の子供が車から降りて来て、私や主人と共にママさんにいろいろな話をボソボソと伝え出しました。
私は、ここしかない!と思い、私の子供を通わせる事にしたのです。思い返せばいろいろな事が甦ります。(中略)(過去の学園生活が)生涯心に残る出来事になったはずです。私たちの心の支えとなっていただき感謝ばかりです。

保護者ゆずりは学園と出会い、通えるようになるまでの私の子供は、長くつらい生活を送って来ました。親としてできることは何だろうと常に考える日々が続きました。

人との付き合いが苦手で、出来れば一人でいたい、一人の方が楽だと言っていた私の子供ですが、ゆずりは学園で先生方やお友達と過ごしていくうちに少しづつ変わっていきました。

沢山の『初めて』を経験し、中味の濃いゆずりは生活となりました。お世話になった皆様、ありがとうございました。

保護者初めてママさんに会って話をした事を今でも覚えています。何もかもいやになった私の子供に「おいで」と言ってくれた事、素直に「ハイ」と言った子供・・・。救われたと思いました。

なかなか素直になれず、反抗的な処がありますが、すこしづつ良くなっていると思います。

あの日、救っていただいた事、感謝しています。今は、無理でも子供にもいつかわかって欲しいと思います。

保護者私の子供が高校を中退したいと言い出した時は、とてもショックでした。本人の意識の中に、高校だけはちゃんと卒業したいとの思いがあったので、ゆずりは学園の存在は、とても有難いものでした。

パパさんママさん、スタッフの方々が、温かく見守って下さったお陰で、無事卒業と、就職内定となりました。ご迷惑をおかけする事もありました。
今日まで、お世話になり、本当にありがとうございました。

お電話・FAXでのご相談はこちら

PAGETOP
Copyright © 特定非営利活動法人「ゆずりは学園」 All Rights Reserved.